参議院 法務委員   先生 御机下          2003年5月8日

    厚生労働委員 先生 御机下      越智祥太(労住医連 精神科医)

 

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律案」を廃案にしてください

 

平素よりのご活躍に敬意を表します。

 本日は標記のお願いに参上いたしました。

 私どもは日ごろ地域医療に奉職いたしております医療従事者の集まりです。

 今法案に対しましては、現場より多くの反対の声が寄せられております。

 先日、廃案を求める私ども労住医連の声明を持参いたしましたが、既に多くの医療保健福祉関係者の賛同が寄せられ、その数は更に増え続けています。

 声明にも述べましたが、今法案は特に下記の点に問題を認め、このまま今国会で成立し、施行されてしまった場合、取り返しのつかない禍根を残すことになります。現在でもなお諸外国に比較して著しく遅れ、閉鎖性をかねて指摘され改善を求められている日本の精神保健医療福祉は、いっそう遅れ歪んでしまいます

 問題の多すぎる今法案は廃案にし、日本の精神医療と司法の問題について、改めて根本的な論議を重ねていただきたく、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

法案の問題点

 

T.精神障害者は実際には一般より犯罪率も再犯率も少ないにもかかわらず、医学的にも統計的にも誤った精神障害者=犯罪傾向者という認識に基づいている。さらに精神障害者に対し、一般の法廷とは別の簡単な法廷でもって、憲法に保障される十分な弁護権も認めず、反対尋問権もなく冤罪もありうる一方的な裁判によって、罪刑法定主義の大原則を精神障害者にのみ覆して予防拘禁・不規則拘禁としての治療処分を科すものである。精神障害者に対する差別を法的に規定し、差別をますます助長するものであること。

 

U.今法案は、ずさんな起訴前鑑定による不起訴の問題、名古屋刑務所事件で明らかになった刑務所内での精神医療の貧困の問題、そもそも鑑定や処分優先で治療が後回しの司法における精神医療の乏しさの問題、等のかねて触法精神障害問題を論じるうえで指摘されてきた四方の側の問題については全く手付かずのままであること。上記を解決しない限り、再犯率の少ない精神障害者の再犯をいかに予防拘禁で抑えようと、問題は減らないこと。

 

V.精神医療をかつてのハンセン病対策のような隔離収容と管理統制の流れにねじ曲げ、開放化に進んできた日本の精神医療を、再び諸外国より遅れたものに荒廃させること。

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律案(修正案)」の衆議院での強行採決に強く反対し、この法案の参議院での即時廃案を求める声明

                       

 現在、精神科医療を歪め、精神障害者福祉を害する恐ろしい法案が、マスコミの「精神障害者」タブーで国民に実態が知らされないまま、先の衆議院の強行採決を経てしまい、今年1月20日から始まっている通常国会において参議院での成立を企図されています。

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律案」というこの法案は、いったん重大な他害行為を行ったとされた場合、精神障害者のみを一般的な司法制度から除外し、強制的に不定期予防拘禁できるものです。そしてその後も、精神障害者のみを保護観察所や精神科医療機関を動員しての監視体制の下に置くものです。

この法案に対し、精神神経学会や日弁連をはじめとした精神科医療関係者、司法関係者、そして多くの障害者団体から反対の声が続出し、衆議院の審議でも、参考人の多くから法案の根幹に関わる疑義が述べられました。政府・与党はこれら当事者の声に明確に答えることすらできず、法案の理論的欠陥を露呈するばかりでした。にもかかわらず、法案を廃案にせず、不都合な言葉のみ変え、名ばかりで実体のない「医療」や「社会復帰」をこれみよがしに強調するだけで、本質的には何の変化もない「修正案」をもって、形ばかりの審議を最後は強行採決という暴挙で打ち切り、昨年12月に衆議院で可決させました。

この法案は、精神障害者を犯罪素因者として危険視した上で社会防衛的に作られた、保安処分立法です。現在でも差別に苦しむ精神障害者にさらに憲法の人権保障も、刑法の罪刑法定主義も認めない差別立法です。精神障害者への社会の差別もさらに強まるでしょう。

法案は精神科医療を治安対策としてしか捉えていません。日本の精神科医療は、国際的に批判されてきた長い隔離収容政策の時代が続き、ようやく精神障害者の保健福祉の充実が叫ばれ始めたところです。諸外国に比べ桁違いに長い入院期間、数多い入院患者、中でも七万を越す社会的入院患者、精神科のみ医師・看護師が少なくてよい特例、等の実態は、隔離収容時代の残滓です。その中で日本の精神科医療は身体科に比べ、医療水準でも人権保障でも大きく遅れています。司法精神医療においても、起訴前の鑑定や医療のずさんさ、矯正施設での精神医療の乏しさ等の基盤の問題は放置されたままです。保安処分を前面に出したこの法案が成立すれば、精神科医療は再び隔離収容と管理統制の流れに歪み、さらに悪化します。医療近接性が下がれば逆に触法行為の増加を招く悪循環が予想されます。

「修正案」は批判を受けて、「医療」や「社会復帰」のためと謳い直し、「附則」(おまけ)に「精神保健福祉全般の水準の向上」を掲げていますが、内実のない美辞麗句を重ねただけで、実効性は全くない欺瞞に過ぎません。保安処分の実質には何の変更もなく、かえって漠然と「医療」必要者に対象が拡大された実質的な改悪です。保安処分に伴い精神医療に予算が下りても、精神保健福祉全般の向上には役立たず、逆に悪化を増強するだけです。

新法は必要なく、現在の法制度の中で十分に精神保健福祉が充実されれば足ることです。

参議院でこれらの問題点が検討され、今国会で廃案にされることを強く求めます。

資料;

 

本日は、特に名古屋時刑務所事件で明らかになった、日本の刑務所における医療の貧困、特に精神科医療の貧困について資料をまとめました。

 触法精神障害問題を解決するのに、今法案は必要ありません。

@ずさんな起訴前鑑定の改善

A刑務所等矯正施設における貧困な精神科医療の改善

B司法における鑑定や処分優先の精神障害に対する態勢に、治療的診断を導入する改善

 これらの司法の側の問題が、

C一般の精神医療の底上げ(精神化救急医療の改善、社会復帰制度の充実、精神科特例撤廃など精神医療を他科なみに引き上げること)と同時に改善されれば、

触法精神障害者問題のみならず、一般の犯罪者に対する矯正医療や矯正教育の改善にもつながります。

 

T.名古屋刑務所事件について

 

 マスコミで取り上げられて話題となった「名古屋刑務所暴虐死事件」の死亡者は、いわゆる「拘禁反応」を呈していたと推察されます。

 「大便を壁や視察孔に塗りつけるなどの異常行動を反復した」といいます。

 これらは典型的な「弄便」行動であり、譫妄状態等の意識障害時にはよく見られるものであり、それ以前の経過を考えてみても、被収容者はここで拘禁反応を呈していたことは明らかです。

 しかるに、看守たちは、これらの症状を精神障害として治療に乗せるどころか、全く管理的側面のみを強調し、弄便行為を続けて自らの肛門に深い潰瘍を作るほど「異常行動」をとっていた被収容者を、まさにその拘禁反応症状をもっていじめ、遊戯的にその肛門を目掛けて高圧放水を浴びせて殺害する、という暴虐行為を呈したのです。

 刑務所において精神医療がいかに貧困であり、看守にも精神医療の基本的な知識が十分に行き届いていないかがよく分かります。

 

U.刑務所における精神科患者の死亡にみる、刑務所の精神科医療の貧困

 

死亡帳一覧表(法務省矯正局 2003年3月18日)の584の死亡報告の中には

実際の死因が疑わしい症例が多いものの、その中でも精神疾患の関与が明らかに類推されるものとして、

 

146番 府中刑務所 H9 窒息(テンカン発作後の起動閉塞による)

161番 府中刑務所 H11 てんかん、高血圧症

189番 府中刑務所 H13 摂食障害

308番 鳥取刑務所 H6 悪性症候群(疑)

356番 広島刑務所 H13 C型慢性肝炎、肝硬変、糖尿病、精神分裂症(疑い)

急性心機能障害

378番 北九州医療刑務所 H10 精神分裂病 縊死

380番 北九州医療刑務所 H11 精神分裂病 胃内容物吸引

382番 北九州医療刑務所 H12 精神遅滞 窒息

384番 北九州医療刑務所 H10 精神分裂病 腸閉塞

401番 福岡刑務所 H12 悪性症候群

418番 大分刑務所 H14 精神分裂病 急性心肺停止

426番 鹿児島刑務所 H12 アルコール性肝硬変 肝不全

429番 沖縄刑務所 H8 高度肥満、肝臓疾患、精神疾患

              肥満による呼吸不全、糖尿病による心不全、肝臓疾患

432番 福岡拘置所 H10 そううつ病 窒息(急性嘔吐)

439番 福岡刑務所 H13 変死 急性薬物中毒死

470番 宮城刑務所 H11 肝性脳症

519番 札幌刑務所 H9 脳腫瘍術後、てんかん

              窒息、けいれん発作

535番 旭川刑務所 H8 アルコール性肝障害、アルコール禁断症状

              嘔吐物による呼吸不全

558番 徳島刑務所 H10 老人性痴呆症 急性心不全

 

が挙げられます。

ここで目立つのは、初歩的対応で死亡にいたることを防ぐことが出来るはずの、一般に病院内においては考えがたい死亡例です。

特に189、308、380、384、401、432、439、519、535番の死因は、これが一般の病院であれば早速医療ミスで訴訟を惹起されるものです。

刑務所内の精神科も含めた医療の貧困が窺えます。

病名や死因に精神科病名の記載がないものでも、実際には精神化疾患あるいは精神化治療のその死因への影響が疑われます。

死亡診断書と死亡経過が提出されている府中刑務所事例を見るとそれがよくわかります。

 

165番「急性心不全」とされている事例では、有機溶剤中毒後遺症と診断されており、「診察時に突然笑い出すなど異常行動が見られ、気分の不安定及び被害妄想が認められ」るなど、活発な精神運動興奮状態が見られています。死亡日前日に「大声等」により保護房に拘禁されています。そしてその翌日、死亡14分前まで「独語を発しながら房内を徘徊しているのを」確認されています。そして急死しています。そして死因は「急性心不全」とされています。

これは激しい精神運動興奮状態にあり、精神科的救急対応が必要な状態であったにもかかわらず、十分な精神科的対応がなされるどころか、管理的な対応をされて保護房に閉じ込められ、精神症状は放置されたため、激しい精神運動興奮による身体負荷(衰弱、虚脱等)が起こったものと思われます。しかし当直医師の対応には、そのような観点からの制札は全く感じられません。

 

また、201番の死亡例では、

覚せい剤誘発性精神病性障害に対して、向精神薬内服を開始して僅か1ヵ月後の急死例であり、向精神薬との因果関係が明らかに類推されるにもかかわらず、死因は「急性心不全」とされています。

 

ちなみに、現在どのような疾患でも最後は急性心不全死に至ることから、「急性心不全」の死因記載は一般に不可とされているはずのものです。「急性心不全」の病名の濫発は事態の隠蔽を図っているとしか思われません。これも一般の病院であれば、「医療ミス隠し」と見なされ、厳しくその責任を追及されるものでしょう。

 

刑務所における精神科医療の貧困

 

118施設中     常勤精神科医・心療内科医勤務施設     20のみ(16%)

           (しかも常勤といいながら殆どは週3日以下の施設である)

           非常勤医師も含めて精神科医がいる施設   43のみ(32%)

           (非常勤医師はほとんどがわずかな時間しか勤務しておらず、実際の診療時間を持っていることが疑わしい、書類上の対処のみの可能性が高い)

 

各刑務所の精神科医療の実情(2003年3月17日現在)(法務省「各刑務所の医療の実情」2003年3月18日 より)

 

札幌刑務所    精神科1人(1/7) 常勤  (週2日8時半〜17時) 

 札幌拘置支所     0 (0/1)

 札幌刑務支所     0 (0/2)

旭川刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日9時〜12時(隔週11時))

釧路刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日10時〜11時)

帯広刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日10時〜12時)

網走刑務所       0 (0/2)

月形刑務所       0 (0/2)

函館少年刑務所     0 (0/1)

青森刑務所       0 (0/4)

 八戸拘置支所     0 (0/1)

宮城刑務所       0 (0/7)

 仙台拘置支所  精神科1人(1/1) 常勤  (週2日8時半〜17時)

秋田刑務所       0 (0/2)

山形刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日9時半〜12時)

福島刑務所    精神科1人(1/2) 常勤  (週3日8時半〜17時)

 郡山拘置支所     0  (0/1)

  いわき拘置支所    0 (0/1)

盛岡少年刑務所     0 (0/1)

栃木刑務所    精神科2人(2/4) 非常勤 (週1日13時〜16時半(月2回))

                    非常勤 (週1日9時半〜14時半(月1回))

黒羽刑務所       0 (0/5) 

 宇都宮拘置支所 精神科1人(1/1) 常勤  (週3日8時半〜17時)

前橋刑務所    精神科1人(1/2) 常勤  (週3日8時半〜17時)

 高崎拘置支所     0 (0/1)

千葉刑務所    精神科1人(1/6) 常勤  (週3日8時半〜17時)

 松戸拘置支所     0 (0/1)

 木更津拘置支所    0 (0/1)

 八日市拘置支所    0 (0/1)

八王子医療刑務所 精神科4人(4/22)常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

府中刑務所    精神科3人(3/11)常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

 八王子拘置支所    0 (0/1)

横浜刑務所    精神科1人(1/5) 常勤  (週3日8時半〜17時)

 相模原拘置支所    0 (0/1)

 小田原拘置支所    0 (0/1)

横須賀刑務所      0 (0/1)

新潟刑務所       0 (0/3)

 上越拘置支所     0 (0/1)

甲府刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日9時〜11時(月1回))

長野刑務所       0 (0/4)

 長野拘置支所     0 (0/1)

静岡刑務所    精神科1人(1/3) 常勤  (週3日8時半〜17時)

 沼津拘置支所     0 (0/1)

 浜松拘置支所     0 (0/1)

水戸少年刑務所     0 (0/1)

 水戸拘置支所     0 (0/1)

 土浦拘置支所     0 (0/1)

 下妻拘置支所     0 (0/1)

川越少年刑務所  精神科1人(1/4) 常勤  (週3日8時半〜17時)

        心神医学1人(1/4) 常勤  (週3日8時半〜17時)

 さいたま拘置支所   0 (0/1)

松本少年刑務所     0 (0/1)

東京拘置所    精神科2人(2/11)常勤  (週3日、1日8時半〜17時、

2日8時半〜12時15分)

                    常勤  (週2日8時半〜17時)

富山刑務所       0 (0/1)

金沢刑務所    精神科1人(1/4) 非常勤 (週1日13時〜16時)

福井刑務所       0 (0/1)

岐阜刑務所       0 (0/3)

 岐阜拘置支所     0 (0/1)

笠松刑務所    精神科2人(2/5) 非常勤 (週1日9時〜12時(月2回))

                    非常勤 (週1日、1日9時〜12時、

2日9時〜14時(月3回))

岡崎医療刑務所  精神科3人(3/7) 常勤  (週5日8時半〜17時)

                    常勤  (週5日、2日8時半〜17時、

3日12時45分〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

名古屋刑務所   精神科2人(2/12)常勤  (週3日8時半〜17時)

                    非常勤 (週1日、1日10時〜12時、

2日14時〜16時半(月2回))

 岡崎拘置支所     0 (0/1)

 豊橋拘置支所     0 (0/1)

三重刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日14時〜16時)

 四日市拘置支所    0 (0/1)

名古屋拘置所   精神科1人(1/4) 非常勤 (週1日11時〜17時(月2回))

 一宮拘置支所     0 (0/1)

滋賀刑務所    精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日、2日8時間、1日4時間(月3回))

京都刑務所       0 (0/3)

大阪刑務所       0 (0/7)

大阪医療刑務所  精神科3人(3/19)常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

神戸刑務所       0 (0/3)

加古川刑務所   精神科2人(2/3) 非常勤 (週1日12時〜17時(月2回))

                    非常勤 (週1日12時〜17時(月2回))

和歌山刑務所   精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日8時半〜12時半)

 丸の内拘置支所 精神科1人(1/1) 非常勤 (週1日15時〜17時)

姫路少年刑務所     0 (0/1)

 姫路拘置支所     0 (0/1)

奈良少年刑務所     0 (0/1)

 葛城拘置支所     0 (0/1)

京都拘置所    精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日8時半〜14時(月2回))

大阪拘置所    精神科1人(1/8) 常勤 (週5日、3日12時45分〜17時

                         1日8時半〜12時15分、

1日8時半〜17時)

神戸拘置所    精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日5時間(月2回))

 尼崎拘置支所     0 (0/1)

鳥取刑務所       0 (0/1)

 米子拘置支所     0 (0/1)

松江刑務所       0 (0/1)

岡山刑務所    精神科1人(1/4) 非常勤 (週1日9時〜14時半(月2回))

広島刑務所       0 (0/4)

 呉拘置支所      0 (0/1)

 尾道刑務支所     0 (0/1)

 福山拘置支所     0 (0/1)

山口刑務所       0 (0/2)

 下関拘置支所     0 (0/1)

岩国刑務所    精神科2人(2/5) 非常勤 (週1日13時〜17時(月1回))

                    非常勤 (週1日13時〜17時(月1回))

広島拘置所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日1〜2時間(月5時間))

徳島刑務所    精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日、1日11時〜12時、

1日13時〜17時(月2回))

高松刑務所       0 (0/3)

 丸亀拘置支所     0 (0/1)

松山刑務所       0 (0/2)

 大井造船作業場    0 (0/1)

 西条刑務支所     0 (0/1)

高知刑務所       0 (0/1)

北九州医療刑務所 精神科3人(3/6) 常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

                    非常勤 (週1日8時半〜13時)

福岡刑務所    精神科2人(2/11)非常勤(週1日14時半〜16時半(月1回))

                    非常勤(週1日13時半〜16時(月1回))

麓刑務所     精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日3時間(月1回))

佐世保刑務所      0 (0/1)

長崎刑務所       0 (0/3)

 長崎拘置支所     0 (0/1)

 福江拘置支所     0 (0/1)

熊本刑務所    精神科1人(1/3) 常勤 (週3日8時半〜17時)

 京町拘置支所     0 (0/1)

大分刑務所       0 (0/2)

宮崎刑務所       0 (0/1)

鹿児島刑務所 心神医療科1人(1/3) 常勤 (週3日8時半〜17時) 

沖縄刑務所    精神科1人(1/2) 非常勤 (週1日、1日9時〜12時、

                     1日13時〜16時(月2回))

 那覇拘置支所     0 (0/1)

佐賀少年刑務所     0 (0/1)

福岡拘置所    精神科1人(1/3) 非常勤 (週1日13時〜17時)

        心療内科2人(2/3) 常勤  (週3日8時半〜17時)

                    常勤  (週3日8時半〜17時)

小倉拘置支所     0 (0/1)